玉の輿パック

もちもちたまご肌 簡単パック

1回でも実感できるしっとりモチモチ感が人気です。

宮城県の椎葉村で湧水をつかって、大豆のうまみと甘味がじわっとおいしい盛田屋のオリジナル豆乳。

 

 

その豆乳の発酵液を利用した、美人の素のイソフラボンがたっぷりの豆乳よーぐるとぱっくが人気を集めています。

 

 

豆乳自体が国産大豆をたっぷりつかった贅沢なもので、市販の豆乳の1.5倍の濃度があります。

 

 

ヨーグルト、ローヤルゼリー、ハチミツ、大豆エキス、シソエキスなどが配合され、しゃくなげ花酵母エキスで保湿力をアップしています。

 

 

梨花さんの愛用アイテムとしても話題になっていて、女性誌やテレビを中心に、肌をいたわりたい、自然で安心できるアイテムに敏感な女性を中心に、人気が沸騰しています。

 

 

IKKOさんのおすすめアイテムでもあり、肌をやわらかくして、愛用の美容液などの浸透力もアップしてくれます。

 

 

パックを楽しむ時間は、一日の疲れをいやし、リラックスしてゆったりとした時間を過ごすもの。

 

玉の輿パック約1.5倍も濃い!盛田屋オリジナルの豆乳です。

お風呂上りにテレビを見ながら、メールをチェックしながら、少しの時間ではありますが、肌はその隙間時間でたっぷりの栄養を補強して、輝きを増します。

 

 

美肌ケアの基本は、メイクをきれいにクレンジング、朝晩の洗顔、洗顔後の保湿です。毛穴に汚れを残さないことです。

 

 

毛穴に汚れや古い角質、皮脂が残ってしまうと、肌のトーンが暗くなったり、毛穴が開いたり、肌の質感そのものにも悪影響がでます。

 

 

また、洗った後の肌に保湿を与えてあげないと、肌が余分な脂を出したり、肌が硬くなったりしてしまって、これも肌質を悪化させてしまいます。

 

 

洗顔、化粧水の後にパックを使うと、潤いをそのまま閉じ込め、栄養分を肌にいきわたらせることができます。

 

 

豆乳よーぐるとぱっく玉の輿は、お風呂の中でも使えます。湯船につかってゆっくりパックタイム。

 

 

IKKOさんのお気に入りの使い方は、顔だけでなく、首からデコルテまでたっぷり使う方法。

 

 

顔には保湿して気を使っていても、首やデコルテをケアしないと、年齢を感じさせる肌になってしまいがち。